ご依頼方法|新築マンションの所有権移転登記

1.事前相談


購入する新築マンション、購入者、決済予定日など、登記をするにあたり確認すべきことがございますので、まずはご連絡ください。ご連絡方法は、電話、メール、ファックスどれでも対応しております。

 

2.打ち合わせ


購入する新築マンション、購入者、決済予定日などをお聞きします。

また、詳細な書類も確認する必要があるため、不動産会社や銀行などの連絡先も教えていただきます。

 

3.司法書士より関係者に連絡


お客様と打ち合わせした内容をもとに、不動産会社や銀行とも打ち合わせをさせていただきます。

 

4.書類作成および取集


不動産売買の内容を確認できましたら登記に必要な書類を作成していきます。

事案により書類を収集することもあります。

 

5.決済


決済場所に登記書類をお持ちいたします。

登記書類に署名押印いただきます。

この時に登記費用をお支払いただきます。

 

6.登記申請


決済が終わりましたら法務局へ登記を申請いたします。

 

7.登記完了


登記はおおむね1週間前後で完了します。

 

8.書類のお渡し


登記が完了しましたら権利証などの登記関係書類をお客様にお渡しいたします。

新築マンション購入の登記費用2万4800円

現金で購入されるお客様


所有権保存登記+書類作成+立会+謄本取得すべて込みで

司法書士報酬  24,800円+実費

 

 

ローンで購入されるお客様


所有権保存登記+抵当権設定登記+書類作成+立会+謄本取得すべて込みで

司法書士報酬  39,800円+実費

 

 

記載の司法書士報酬はホームページからご依頼いただきましたお客様限定価格となります。

ホームページ以外のご依頼の場合、または複雑な事案などは費用が異なる場合がございます。

 

gazou6.jpg

クリック 不動産登記費用が安いワケその理由は…

住宅用家屋証明書も取得します|新築マンション

居住用の家屋を取得した方が登記を行う際,「住宅用家屋証明書」を添付することにより,課税される登録免許税が次のように軽減されます。

司法書士正村事務所は住宅用家屋証明書の取得もお手伝い致します。お気軽にご相談ください。

 

所有権保存登記 1000分の 4→1000分の1.5


1,000万円の不動産の場合    登録免許税4万円→1万5,000円   差額2万5,000円

 


抵当権設定登記 1000分の 4→1000分の1


 

1,000万円の融資の場合    登録免許税4万円→1万円   差額3万円