不動産のご相談事例|不動産登記お見積もり相談室

不動産のご相談事例


1.住宅ローンが残っている建物でも、財産分与の対象とすることができるのですか

2.ローンが残っている不動産を売却や贈与することはできますか

3.不動産登記の内容を確認するには、どうすればよいですか

4.行方不明の賃借人の荷物を処分することができますか

5.家賃を払ってくれない人がいます。どうすればいいですか

6.土地の所有権の一部を配偶者名義にしたいと考えています。どのような登記になりますか

7.買主が共有となる場合の持分割合はどのように決めたらよいですか

8.不動産を共有として購入し「差額」が生じてしまった場合に,税務署から贈与税の請求が来ました。課税を避ける方法はありますか

9.不動産売買契約書の確認事項、注意事項はどのようなものがありますか。

10.手付金の額は、一般的にどのくらい

11.手付金は現金ですか?振込みや小切手でも良いの

12.残金決済は、どこで、どのように行なわれるのですか

13.仲介手数料のほかにコンサルティング手数料を請求されたのですが?

14.遠方の不動産売却を依頼したら、仲介手数料とは別に広告宣伝費を請求されたのですが?

15.中古住宅を買ったが、あると思っていたエアコンがなくなっていたのですが?

16.マンションの上の階の部屋の子どもの足音が響いて気になるのですが?

17.離婚すると住宅ローンを全額繰上返済請求受け、一度に返済しなければならないと聞きましたが?

18.自宅が火事で全焼し、不動産の権利証が消失してしまいました。今後、何か支障があるのでしょうか?

19.中古マンションを購入するのですが、抵当権が設定されていると聞きました。どうすればよいのでしょうか?

20.姉から資金を借りて住宅を購入した場合、贈与と認定されるのでしょうか?

 

不動産投資のご相談事例


1.不動産投資のメリットは?

2.不動産投資のデメリットは?

3.投資用不動産を探すには?

4.不動産会社との付き合い方

5.融資を申し込むにあたっての注意点

6.管理会社を選ぶときのポイント

  

 

不動産売買の豆知識


1.不動産の取得方法を学ぼう(分譲物件、仲介物件、競売物件)

2.不動産価格の考え方を学ぼう

3.中古マンション購入のチェックポイント

4.新築マンション購入のチェックポイント

5.マンションのルールを覚えよう(管理費、修繕積立金)

6.契約書を確認しよう(売買契約書、重要事項説明書、管理規約)

登記簿・登記事項証明書のご相談事例|不動産登記費用お見積もり相談室

1.登記簿謄本と登記事項証明書は、どのような違いがありますか?
2.登記簿謄本や登記事項証明書は、どこの法務局で請求するのですか?
3.不動産の地番が分かりません。調べ方は?
4.購入した不動産が一戸建て建物の場合とマンションの場合では、確定申告の住宅取得控除の手続きに添付する書類は異なりますか?
5.共同担保目録とは何ですか?